知っておきたいこと

ONO animal hospital

ONO animal hospital

ワクチンの接種間隔について

犬でも猫でも混合ワクチンの接種は大変に重要です。また、その接種方法や、接種ワクチンの種類には様々なものがあって、ご家族の方が疑問を持ちやすい問題でもあります。犬と猫では、これまで、幼いうちの複数回接種と、その後毎年1回の追加接種が勧められてきました。近年、様々な研究が進み、この接種間隔について見直しがされるようになってきました。
ここでは、その研究の成果と、それに基づいた接種方法について説明します。

犬のワクチンの種類猫のワクチンの種類

1.コアワクチン

様々な伝染病のコア(=核)になるワクチンです。
通常は、ジステンパー、伝染性肝炎、パラインフルエンザ、パルボウイルス感染症を含むものが、絶対に予防すべき最低限の種類という言う意味でコアワクチンと呼ばれる事が多いようです。これらの病気はウイルスで起こりますが、これに対するワクチンは通常長い免疫期間を持つ傾向があることがわかってきました。
ですので、生後まもなくの複数回接種(接種時期は、ワクチンの性能により少し異なります)とそれから1年後の追加接種をしたあとは、3年に1回でも免疫を持続できるものと考えられるようになってきています。

2.その他のワクチン

レプトスピラ症、コロナウイルス感染症、ボルデテラ、ライム病など国内外を含めると様々なワクチンが作られています。どれが必要でどれが不必要かというのは大変に難しい問題で、なおかつ、地域性もあり、一概に述べる事ができません。

3.レストスピラ症のワクチンをどうするか?

これらのうち、よく使われているレプトスピラ症について少し説明しておきます。
レプトスピラ症は国内での報告が毎年数例以上見られていますが、実際に当院周辺での発生があるかというと、この10年以上、それらしい病気さえ発見されていません。一方では、このワクチンは、その性質上、半年程度しか効果を示さない事もわかっています。幼いうちの接種では副作用が出やすいとも言われています(ただし、学問的には確証なし)。
ですので、当院では、室内犬や、あまり遠出をしないような子の場合には特にお勧めしていません。
そうすると、健康で問題のない子の場合、単純に5種ワクチンの3年ごとの接種という形で継続できるという事になります。