知っておきたいこと

ONO animal hospital

ONO animal hospital

わんにゃんドックについて

ウェルネスの一環として、定期健康診断は極めて大事です。定期健康診断と一口に言っても、それには様々な検査が含まれてきます。ここでは、当院でもつい最近開始したわんにゃんドックのご紹介をします。

内容の検査様々なプラン

1.身体検査

これは基本中の基本です。例えどんなに高度で大変な検査をしようが、身体検査なしでは意味がありません。獣医療の根本は、それぞれの動物が実際にどういった状態にあるのか、どのような異常をもっているのか、という所にあります。
ですから、ご家族から見た動物の状態と、我々プロが行う身体検査を合わせて、ミニマムデータベースという言葉を使います。診断の時も、治療に対する反応を見るときも、まず最初はミニマムデータベースです。

2.便検査

便には様々な情報が隠されています。
一般的には寄生虫の検出が主体となりますが、それだけでなく、消化のされ方を調べたりします。

3.尿検査

人と同様、尿検査も大事です。動物の場合、採取するのが難しい事もあり(特に猫)、なかなか思うに任せない事もありますが、様々な情報を与えてくれます。 検査の内容は、色、混濁度(濁り具合)、比重、タンパク、尿糖、pH、ケトン体、ビリルビン、潜血そして、遠心して細胞などを見る尿沈渣などがあります。

4.血液検査

1血液学的検査(血球検査)
血液のうち、血球部分を調べるのが血液学的検査です。赤血球数、ヘモグロビン、ヘマトクリット、血小板数、総白血球数および白血球百分比がその主な内容です。様々な病気で異常を示す、重要な情報源です。
2血液化学検査(血清生化学検査)
血清タンパク(総タンパクおよびアルブミン)、肝臓系 (ALT, AST, ALP)、コレステロール、ビリルビン(黄疸の色素)、血糖値、腎臓系(尿素窒素とクレアチニン)、無機質(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、クロール)が主なものです。これらは、様々な内蔵系に特有の異常の検出に役立ちます。

5.レントゲン検査:胸部

胸部のレントゲン検査は、血液検査では検出しにくい心臓と肺の情報を与えてくれます。

6.腹部レントゲン検査

腹部のレントゲン検査では、様々な内臓(肝臓、脾臓、胃腸系、腎臓、膀胱、生殖器など)の情報が得られます。
ただ、レントゲンでわかるのは形だけであり、うまく描き出されない場合も多く、単独の検査として実施する事はむしろ少ないと言えます。

7.心電図検査

心肥大や不整脈などの検出に役立ちます。

8.エコー検査

腹部の全般的なエコー検査は、レントゲンと同様、様々な内臓の評価に役立ちます。
特に断面が映し出されるので、中身がどうなっているかについて有益な情報が得られます。
また心臓のエコー検査では、弁の状態、心筋の状態、収縮の具合、心奇形の存在などについてかなり詳しい情報を得る事ができるようになってきました。
当院でも、最新式のカラー超音波を備えております。